2018/04/09

4月8日第10回定例会

1年前の2017年4月、満開の桜の季節に Clockwise Osaka第0回定例ボードゲーム会(リハーサル) が行われました。

参加者は身内だけ、主催者はボードゲーム初心者という前代未聞のゲーム会は今思えば「無謀」としか言いようのないスタートでした。

でも、ボードゲームの事を何も知らなかったからからこそ、かえって自由でもあったとも思います。

あの桜の下を「この一年で出会った方々とお花見ができれば嬉しい」という発想で企画された今回の 「お花見散歩」 は、私達の予想を大きく外れて既に散った後という結果でしたが、 「葉桜」 を愛でるという貴重な体験が出来ました(笑)



花見散歩1



花見散歩2

花の時期だけが桜の木ではありませんね(o^―^o)



さて、ボードゲームの方も最初から大盛り上がりですよ!



01宝石の煌き
[ この宝石は取られたくない、あの宝石は欲しい。 「宝石の煌き」 ]



02キングダムビルダー
[ 一番の王国を作るのは誰だ?陣取りゲーム 「キングダムビルダー」 ]



03ライスダイス
[ 欲が深いとバーストするぞ!? おかず争奪戦 「ライスダイス」 ]



04ディクシット
[ 1枚の絵カードでプレイヤーが語るイメージとは?「ディクシット」 ]



05四季の森
[ 多くの果物を収穫しよう。天災に注意。 「四季の森」 ]



06街コロ
[ サイコロを振って得た収入でキミだけの街を作ろう。 「街コロ」 ]



そして今回の交流会。


全体を通して、ボードゲームを 「ツール」 にコミュニケーションすることをメインに考えている活動が増えてきていて、参加者さんから様々な情報が寄せられました。



Clockwise Osakaがこれから発信する 「心つなぐ講座」 もまさにそのことを中心に考えています。



ボードゲームは実践して初めて体感できる楽しさ、その時その瞬間にしか起こりえない会話やゲーム進行があります。

そのことを伝えるためには、まずボードゲームを体験してもらう「実践タイム」と、「やってみてどうだったか?」という「意見交換タイム」を長めにとったほうがいいのでは?というご意見をいただきました。



その通りだと思います。まだまだこれから構築していく活動内容なので試行錯誤しながら創り上げていきたいと思っていますので、ご協力のほどよろしくお願いします!



S__11026666.jpg



07ピクテル
[ 見覚えのあるマークを組み合わせてお題を伝える 「ピクテル」 ]



08センチュリー・ゴーレム
[ 4種のクリスタルを集めてゴーレムを手に入れよう。「センチュリー・ゴーレム」 ]



09トピトのサーカス
[ ブロックを組んでサーカスの演目を完成させるバランスゲーム 「トピトのサーカス」 ]



もはや、どんなゲームか全てを把握にするのは無理です(笑)



だってこの時間が一番面白いから、スタッフ達も夢中で遊びます(o^―^o)



交流会をやっていてよかったと思うのは、どうしてもゲームのメンバーが固定化してしまう参加者さんをこの時間でシャッフルできるから。


せっかく同じ空間で同じ時間を過ごすのですから、みんなが仲良くなれたら最高だと思っています。


桜は散ったけど、笑顔は満開 の定例会・・・次回は5月13日(日)です!


≪本日遊んだゲーム≫
BANDU(初)
宝石の煌き
MODERN ART(初)
ボブジテンきっず(初)
キングダムビルダー(初)
ライスダイス(初)

ディクシット
かなざわレシピ(初)
四季の森(初)
京都エクスプローラー(初)

ザ・ゲーム
大宇宙すごろく(初)
街コロ(初)(レルムコイン使用)
ピクテル(初)
リキュール・ザ・ゲーム(初)
NUMELI(初)
語彙大富豪(初)
センチュリー・ゴーレム(初)
アニマランブル(初)
アンゲーム(初)
インディアン・サマー(初)
ドンクラーヴェ(初)
航海の時代ダイス(初)
トピトのサーカス(初)
ペルード(初)

コメント

非公開コメント