2018/10/15

10月14日第14回定例会

中秋の日曜日。
少しまだ暑いくらいの晴天の中、第14回定例会が行われました。

今回の参加者は初参加の方が4名とリピーターさんが15人 スタッフを合わせて21人という規模で開催しました。
中には日本在住の外国籍の方、大阪の泉州方面の方など。

様々な地域からはるばる茨木にお集まり頂きました。



14_1_CAT.jpg
[ 箱がもふもふなお絵かきゲーム「ザ・キャット・ゲーム」 ]



14_2_進撃
[ そびえる巨人と戦って倒す!「進撃の巨人:ボードゲーム」 ]



14_3_クアック
[ ヤブ医者が作る謎の薬 「クアックサルバー」 ]



今回は初めての1人運営でしたので、今までと同じやり方では対応出来ないとの判断で、急遽交流会のスタイルを変更して行いました。

交流会の時間を1時間早めて、グループに分けて少人数で話し合います。
20分程交流の後、各グループの代表がどんな話しになったかを発表してもらいました。

テーマは 「秋の楽しみ」と「私にとってのボードゲームとは?」

というお題でした。

秋と言えば食欲の秋。
みなさん食べ物の話しから各グループ様々な方向で話しが脱線していきます。
昔遊んだメンコやビー玉が人生初のアナログゲームだったとか、今の学校の中で取り入れられる遊びはトランプなどは大丈夫という、現役小学生の発言もありました。

発表された方もイキイキとしていて、聞いていても楽しかったです。ありがとうございました。

今回の試みは、これからこの活動が飛躍した時に人数が多少多くとも、この交流会を存続させていくために、参加者の皆様に委ねるという方針を決めての事でした。

主催者が全てを把握する事は難しい。でも、むしろ知らない所での各々が感じること、経験する事を持ち帰って貰う。その事の方が重要です。
Clockwise Osakaという「器」の中に、思い思いの素材を使って一つの料理を作るような感覚 で。

もちろん これは闇鍋に近いので、何が入っているか、どんな料理に出来上がるのか、私にも分からないのです。
人は皆「知らない事」を恐がります。新しい事に挑戦する時とても緊張するのは、失敗するかもしれないからです。

そんな時、一番勇気を与えてくれるのは、それまで培ってきた「人との関係」だと思うのです。

私が至らない所は、きっと誰かが助けてくれる。
そう信じる事が出来れば、願う未来に一歩一歩歩んでいけるのではないかと思います。



S__13090828.jpg
※クリックかタップで拡大



14_5_MOODX.jpg
[ 絵の中のキャラクターに実在の人物を当てはめて、その感情を当てる 「MOOD X」 ]



14_6_エンペラー
[ ペンギンは流氷をわたり、魚を捉え帰ってくる 「L'EMPEREUR」 ]


年齢・性別・障がいの有無、更には国籍をも超える垣根のない開かれたコミュニティの実践が実った、「秋の収穫祭」のような1日でした!

どうも皆様 ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。



≪本日遊んだゲーム≫
ツォング
クマ牧場
SOLO
グラッとコロッとスライダー
ガイスター
ザ・キャット・ゲーム
Yucata'
ON THE CARDS
進撃の巨人:ボードゲーム
クアックサルバー
ハイソサエティー
コードネーム:ピクチャーズ
BALANCE
TEXAS
SHOW DOWN
カタンの開拓者たち
MANMA MIA!
MOOD X
宝石の煌き
L'EMPEREUR
セーフハウス
がらがらヘビ
汽車は進むよ
2018/10/09

定例ボードゲーム会サポーター枠について

私どもの定例ボードゲーム会では サポーター枠 というものを設けています(2018年10月~)。
定例会の参加枠が定員に達しても、サポーター枠の方は例外として定例会に参加できます。

* Clockwise Osakaサポーターとは?
定例会以外のClockwise Osakaの活動に参加、協力してくださる方です。
2018年の例:ローズWAM祭り手伝いの方、「心つなぐ講座」手伝いの方