2018/08/23

8月22日茨木子ども食堂(玉櫛公民館)

3か月ぶりの子ども食堂でした。

Clockwise Osakaが初めてゲーム会を開いた頃は茨木こども食堂の運営も始まったばかりで全てが手さぐりで、子ども達が起こす様々なアクションに翻弄されながらも、それでも「子ども達に温かい手作りの食事を」と一心に調理するボランティアさんの姿がありました。

虐待・育児放棄・貧困など 今の子ども達をとりまく社会からの影響は非常に厳しいものであることは周知されていることで、その状況を打開すべく様々な活動が普及されていますが、次世代育成に携わるの共通の思いとして「自分達のできることで何かしたい」という大人たちの切実な思いを感じています。

茨木子ども食堂は、今では地域に根差し利用者の方々と日常的な会話を楽しめる「食のコミュニティー」へと成長しています。

Clockwise Osakaはそんな活動の舞台で、利用者さんの息抜きの場として「ほんのちょっとのお手伝い」を続けてきました。

出来ることは違っても思いは同じです。

子ども達の遊ぶ姿、大人たちの笑い声で会場全体は安心できる空気で包まれ、熟練した主婦が腕を振るう美味しいお食事とのコラボレーションは、短時間だけども私達にとっても癒しの時間となっています。



DlM46C4VAAQznEq.jpg
[ スタッフの手が回らないとこんな独創的に!?(笑 「キャプテン・リノ」 ]



小3の娘は娘なりにスタッフとしての意識で、幼稚園の子どもの遊びに付き合ったり友達にゲームを説明する姿もあり、「自分もこの活動に貢献するんだ」という意識で参加してくれていました。
幼いころから共に歩んできた積み重ねが今に繋がっている。子どもって思いがけない事で成長を見せてくれますね。

そんなチャンスを与えていただけていることに深く感謝して、これからも「ほんのちょっと」のお手伝い を継続していきたいと思っています。

利用者の中にはいくつかのゲームを購入して、家族で楽しんでくれているというお話もあり嬉しいかぎりです。また遊びましょうね!

次回のお手伝いは9月19日(水)17時~19時、茨木市玉櫛公民館です。

≪本日遊んだゲーム≫
ブロックス
キャプテン・リノ
レシピ
おばけキャッチ
ハリガリ
ボブジテン